美容師と本

【ホットペッパー集客はもう古い!】オシャレすぎない美容室が成功した理由

ホットペッパービューティーって以前ほど新規は来なくなりましたよね。

年間にかかるお金も高くて、せっかく来店した新規のお客も1回目の割引目的で他の美容室に流れていくこともしばしば。

このままホットペッパーを使い続けていいのかな?

こんなお悩みをお持ちの方に朗報です!

結論から言うと、口コミ・チラシで集客する「おしゃれ過ぎない」美容院 驚きの立地戦略で売り上げ爆増中です。

どうして新規客は減っているのか?

街中に多く見かける美容室。

今やその数はコンビニや歯医者の軒数をもしのぐといわれており、厚生労働省発表の「平成30年度衛生行政報告例の概況」によると、2018年度末時点で全国に25万軒以上が営業しています。←多い!

日本フランチャイズチェーン協会が発表している「JFAコンビニエンスストア統計調査月報(2019年3月度)」では、19年3月時点で全国のコンビニは5万5000軒ほどです。←コンビニよりも圧倒的に多い!

実際に、美容院はコンビニよりも多く街中に存在しているんです。

美容室が多すぎるからお客が迷っている

店舗数が多くなるにつれ、消費者はどの店に行けばよいか迷うことになる。

こうした背景から、リクルートライフスタイルが運営する「ホットペッパービューティー」などの予約サイトが生まれて、今やその影響力は測り知れないです。

ただ、月額の料金から見てもお客のカルテ一枚の金額に換算すると高すぎるのも事実。

ホットペッパーに頼らない集客で成功するサロンも出てきている

美容室大手のアルテサロンホールディングス(横浜市)のグループ会社であるC&P(横浜市)が運営する美容室「チョキペタ」は、ホットペッパービューティーなど予約サイトに頼らず、口コミやチラシといった集客方法で売り上げを伸ばし続けています。

その裏側には一体どのような仕組みが気になる!

9年間で来店客数80倍、売り上げはおよそ100倍に

 チョキペタは11年にスタート。「ヘアメンテナンスサロン」というコンセプトを掲げ、ヘアスタイルをキープすることを目的にした利用を見込んでいる。

メニュー構成もシンプルだ。カットとドライが1300円(税込、以下同)、カラーも根元染めが1900円、全体カラーでも2900円とお手頃価格のメニューを取りそろえている。←安い!

お客のニーズのいいとこ取りのワンストップ型美容室

例えるなら、『QBハウス』ならカットだけの専門店ですが、カラーも白髪染めなどつい気になるからついでにしたいもの。

この「ついで」を叶えたメンテナンス型美容室が誕生した。

ベーカリーやクリーニング店の跡地に出店

 集客のコツは集客にホットペッパーなどの予約サイトを活用していないこと。

基本的には「口コミ」を中心にしている。

こうしたアナログとも思える手法で売り上げを伸ばし続けているカギは、立地の選び方にある。

年配の客層のニーズを鷲掴みにする

「こんなところに美容室が!」と思うような場所に出店を重ねている。

理由は、前に入っていたテナントはベーカリーやクリーニング店などが多く「年齢を重ねてくると、自分の生活圏内で用事を済ませたくなりがち」という年配のお客の想いを形にしているからですね!

美容室はオシャレすぎなくていい

 こうした立地に出店することで、日々の買い物の「ついで」に利用されることを狙っている。

気合いを入れておしゃれにしてもらいに行くようなデザイン系の美容室であれば、都心や一等地に店を構える必要があり、必然的に競合店も多くなる。

そうなると、予約サイトなどに積極的に出稿し、認知度を高める必要も出てくる。
それが回りまわってコストになり、サービス価格の上昇にもつながってしまう。

「休眠美容師」の活用で社会貢献も。

 また、スタイリストには美容師の資格を持っていながら現場で働いていない「休眠美容師」と呼ばれる層を活用。

結婚や出産を機にリタイアした人たちの復帰場所としても機能しており、現在スタイリストとして働いている人のおよそ半数ほどが休眠美容師だと言われています。←もったいない!

さらに、休眠美容師は主婦層が多いことから柔軟な働き方を推奨し、全体の8割近くがパートとして働いている。←女性には助かるね!

 休眠美容師は現場から離れている期間が長い人もおり、スキルに不安を持っている人も少なくないため、オートシャンプーを行う機械を導入するなど、現場の負担軽減にも抜かりがない。←アナログとAIを併せ持つ考えですね!

 ##おわりに

今後「高齢化という追い風を受けて、メンテナンスサロンという形態は10年後、20年後も『文化』として残っていくと言われています。

 「おしゃれ過ぎない」ことを強みに売り上げ拡大中の美容室もあります。

美容師の固定概念のオシャレ、ホットペッパー集客、パートはいない!はもう古いのかも知れませんね。

今後も目が離せません!

ABOUT ME
楽天パパ@【フリーランス美容師】
美容師歴15年⇨店長の肩書を捨てフリーランス美容師になる。 美容師だけの収入では人生は逃げ切れないと判断し、アフリエイトと資産運用をガチる。⇨現在は、子供3人と奥さんの5人で自由な時間を過ごしながら人生逃げ切り中!毎日10時にブログ更新中!
ブログ村の応援よろしくお願いします!

いつもブログを【フリーランス美容師クエスト】をご覧頂きありがとうございます♪

こちらでも【フリーランス美容師クエスト】を公開しています!ぜひとも応援お願いします\(^o^)/

RELATED POST