【美容師に知ってほしい!】あなたが美容室を辞める前に伝えたいこと

「美容師を辞めたい」

「美容師の給料が低い」

美容師を辞めたいひとはたくさんいますよね。

美容師さんは離職が多いと言われている仕事です。

この記事は、美容師が美容室を辞める前に伝えたいことを解説しています。

結論からいうと、美容師が美容室を辞める時はすぐには辞めることはできません。

手順が必要になるので上司に相談する前にこちらの記事を熟読して退社の流れを踏んで下さい。

 

美容師が辞める理由

美容師が辞める理由は以下です。

時間の拘束が長い

給料、年収が低い

将来への不安

勉強にお金がかかりすぎる

 

美容師はハードなブラック起業とよく言われています。

身体を壊しやすい仕事でもある上に給料も低いので辞めやすい仕事と言えます。

 

美容室をやめる為の手順

美容室を辞める手順を具体的にまとめました。

順序が大切なのでより詳しく解説します。

  1. 次の働き口を見つける
  2. 自分のお客の引き継ぎをする
  3. 自分の役職の引き継ぎをする
  4. 上司に「辞めることを伝える」
  5. 社長に「辞めることを伝える」
  6. お客に辞めることを伝える
  7. 保険証の返却
  8. 退社届けを書く

 

次の働き口を見つける

辞める前にまずは、次の働き口を確保しましょう。

美容師になるのか?自分で独立して美容室経営者となるか?違う分野で活躍するか?←アフリエイトがおすすめ。

 

なにもなく辞めようとすると間違いなく退社を止められます。

自分のお客の引き継ぎをする

自分のお客を少しづつ複数担当性にしていきましょう。

いきなり「辞めるので・・・」ではなくいつも担当してくれるアシスタントを紹介しておきましょう。

「自分がいない時はこの子を指名して下さい」と紹介しておきましょう。

自分の役職の引き継ぎをする

今店長の人、幹部の人はいきなり辞めると迷惑でしかありませんよね。

だから少しずつ仕事を後輩にふっていきます。

そして時がきたら役職も手放していくのです。

何もない状態で退社しましょう。

上司に「辞めることを伝える」

ここでやっと退社を申告します。

コツは「辞めようと思っている」ではなく「辞めます」と言い切ることです。

上司は辞めてほしくないのは当たり前です。

人数が減るのは困るからです。

相手の目を反らさず「辞めます」と言い切りましょう。

理由について後で詳しく書きます。

 

※常識として会社の退社の申告は2ヶ月前です。

社長に「辞めることを伝える」

上司に報告したら、次は社長です。

ほぼこの時点で退社は確定していますが、ここで気を抜いてはいけません。

ここでも「迷っている素振りや言動」はみせないことです。

 

お客に辞めることを伝える

お客に辞めることを伝えましょう。

できることなら引き継ぎ美容師さんを紹介してあげましょう。

もしも独立される場合は、次の店の話をするのはマナー違反なので連絡先を聞いてメールやLINEでお伝えしましょう。

SNSで繋がっているとさらにいいですね。

保険証の返却

保険証の返却が必要になります。

ここで返却しないと辞めた後もまた行かないと行けないので注意が必要です。

退社届けを書く

ここで最後の退社届けを書くことになります。

会社によってはお客の情報を持ち出さないなど規約はあります。

もし会社に止められたら

会社は優秀な人材は手放さいものです。

本当に辞めさせてもらえないのであれば、次の条件を提示しましょう。

  1. 期限を決める
  2. 給料の保証をしてもらう

いつまでお店にいなければ行けないのかをきめなければズルズルです。

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は美容師が美容室を辞める前に伝えたいことをお伝えしました。

振り返りしていきます。

  1. 美容師を辞める前に次の働き口を見つける
  2. 自分の仕事を手放す
  3. 自分のお客を手放す
  4. 上司に2ヶ月前に辞めると申告
  5. 社長に申告
  6. 保険証を返す
  7. 退社届けを書く
  8. もし止められたら「いつまでを」決める

 

ABOUT ME
てんちょー
てんちょー@アフリエイト美容師!美容室で29才で店長に就任→会社のために頑張るも限界を感じる→今後の美容師人生に不安を感じ副業アフリエイトを始める!本業と副業で月収50万達成したノウハウをこれからの美容師や美容師アシスタントにむけて配信中!
【初心者向け】副業を始めるならPC選び!楽天の中古PCが格安!

ネット環境なら楽天がお得!


 

【学生限定】楽天学割を使わない手はない!