美容師と副業

【美容師は稼げない!】これから美容師として生き抜くためのノウハウ

美容師副業 てんちょー

この記事は、髪を切る仕事の「美容師」の収入の増やし方について解説しています。

美容師は、美容学校を卒業を経て厚生労働大臣の美容師国家資格を取得するにも関わらず稼げない構造であることは明確です。

僕は、本業の美容師と副業の収入で月収50万を超える収入を得ることができました!これからの美容師、美容師アシスタントが生き抜く方法としてお伝えできれば幸いです。

イケハヤさんが「イケハヤ大学」で美容師が安月給で人生を消耗しない方法を解説されていました。

イケハヤさんの紹介

社会人3年にして早くも会社を退職。

フリーランスとなり、独立。

「なるべく子どもといたい!」という思いから肩書もプロのブロガーとして在宅でできる仕事にシフト。

現在は、高知に住みながらのんびりと過ごす。

イケハヤ大学のチャンネル登録はこちらから!

イケハヤさんのTwitterはこちらから

 

美容師は稼ぎにくい構造になっている

美容師が稼ぎにくい構造になる理由を3つにまとめました。

  1. 価格競争が激しい
  2. 美容師の人口はまだまだ多い
  3. 自分が労働しないとお金は稼げない

価格競争が激しい

美容室は、日本でも24万店を超えています。

実は、美容室は信号機よりも、コンビニよりも多いのです。

美容室数の推移は過去最高を更新し(前年比1.7%増)24万7578店になりました。コンビニが5万店舗に対してかなりの数ですよね。

引用:https://rich-beauty-academy.tokyo/salon-number-24/

美容師の人口はまだまだ多い

美容師の人口は、過去に比べると減ってきているとよく言われていますが、確実に数は増えてきています。

つまり「競合が多い」業界ということです。

美容師理容師合わせると73万人

厚生労働省が2017年10月26日発表した衛生行政報告によると、2017年3月末現在の美容師数は50万9279人で施設数と同様、過去最多を更新した。前年度比4581人(0.9%)増だった。1971年には21万6906人だった美容師数は毎年増加を続けている。

美容師数は47万9509人で過去最高、理容師数は23万8086人

厚生労働省が2013年10月24日発表した平成24年度衛生行政報告によると、平成25年3月末現在の理容師数は23万8086人で前年度比1931人(-0.8)減少した。美容師数は47万9509人で、美容所同様、最高記録を更新した。前年度比は8348人(1.8%)の増。

引用:http://ribiyo-news.jp/?tag=%E7%BE%8E%E5%AE%B9%E5%B8%AB%E6%95%B0

自分が労働しないとお金は稼げない

美容師は、自分が労働しないとお金は稼げません。

もし、病気や怪我で美容室に立てなくなった時、会社は最低保障はしてくれると思いますが歩合の部分は削られます。

 

「理由は指名や技術をしていないからです」

 

つまり、美容師は自分の労働がなければお金が稼げない仕組みなのです。

美容師の給料の仕組み

基本給×歩合(中には物販も含む)=給料

美容師の平均年収は300万を下回る

美容師の平均年収は284万です。

決して高くはありません。

一人暮らしの美容師は、食費など節約しながらファッションはオシャレにしていないといけないので苦しい節約を余儀なくされます。





美容師・理容師の年収

美容師の平均年収:284万円
※男性美容師の平均年収が307万円で女性美容師の平均年収が270万円でした。

一般企業に勤めているサラリーマンの平均年収が約400万円ほどなので、美容師の年収は決して恵まれているとは言えません。

特にアシスタントと呼ばれる見習い期間中は月給が16~18万円程度と安く、福利厚生面がまだ整備されていない美容室もあります。

引用:https://heikinnenshu.jp/beauty/biyoushi.html

どんなに稼げても限界がある

東京などのカリスマ美容師といわれる方は多くの収入を得ていると思います。

ただカリスマ美容師はごく一部だということを忘れないでください。

てんちょー
てんちょー
今後人口は減っていくので更に厳しくなります
【美容師辞典】grico エザキヨシタカさんの素顔や魅力に迫る!こんにちは! 美容師を紹介する美容師辞典です。 今回は原宿の美容師「grico エザキヨシタカ」さんです。 htt...
美容師木村直人さんがすごい!!経歴や現在の活動を解説。皆さんは美容師木村直人さんを知っていますか? 美容業界での立ち位置は、多方面で活躍されていて、中でもオンラインサロンやアフリエイト、S...
【注目の美容師】中村トメ吉さんの美容室『GOALD』がオープン!この記事は中村トメ吉さんの美容室『GOALD』について紹介しています。 人気美容師・中村トメ吉さんの想いが伝わる。#売れる美容師 ...

稼ぐ美容師はオーナー兼美容師もしくは、大きな会社でアシスタントを多く雇っています。

カリスマ美容師は一日に50人担当すると言われていますが、普通の美容師には無理な話です。

一般の美容師の場合

一日の客数は平均10名くらいです。

お客一人につき60分×8時間労働の場合=8名~10名

トップスタイリストや店長の年収給料

美容師は雑用、シャンプーのみの「アシスタント(見習い)」から始まります。
アシスタント(見習い)の給料は、月給13万円~17万円といわれています。年収は250万円前後です。
カットに慣れ、お客様を任されるようになると、店にもよりますが1~3年で「スタイリスト」となります。
スタイリストの給料は、月給18万円~25万円となります。年収は280万円~400万円です。

そして、スタイリストとして経験を積み、勤続10年前後で「トップスタイリスト」となります。
トップスタイリストの給料は、月給25万円~35万円となります。年収は400万円~560万円です。
都内の超有名店などでは、トップスタイリストになると月給50万円以上をもらえる店もあります。芸能人を担当したり、雑誌やテレビに登場したりするような有名トップスタイリストになると、年収1000万円ほどになるともいわれます。

その後、美容師としての技術や、接客の能力、勤続年数などによって、「店長」へと昇格します。
チェーン店か、単独店舗か、都内か地方かなどによっても店長の給料は異なります。
おおよそ、35万円~50万円が相場といわれています。年収は560万円~800万円と幅があります。

引用:https://kyuryobank.com/beauty/biyoshi.html

これからの美容師が生き抜く方法

 

独立する

会社勤めは搾取されることが多い。

技術に自信があれば、独立をお勧めします。

安定はないですが、美容師自体安定はしていません。

お客の数が減れば給料は減っていく構造です。

経営者になる

自分が美容室を経営することです。

自分が働かなくても稼げる環境にすることが一番です。

ほとんど場合、オーナーは年齢を重ねると経営に回ります。

つまりカットはせずに、従業員を雇って稼げる仕組みを作るのです。

美容師を副業にする

繰り返しになりますが、構造的に稼げません。

でも好きな仕事であれば、美容師を副業にすればいいのです。

他の仕事で収入があれば、年齢を重ねてお客の数が減っても、美容師の給料が下がっても焦ったり将来の不安を抱えたりと消耗する必要はありません。

美容師関連の副業をまとめてみました!

【副業】将来への不安!美容師ができる副業のお勧めはアフリエイト!



【初心者向け】副業を始めるならPC選び!楽天の中古PCが格安!

  1. オンラインサロンの経営
  2. 美容品の開発、販売
  3. 美容師育成のスクールをつくる

オンラインサロンの経営

本業よりもオンラインサロンで稼ぐ人もたくさんいます。

美容師木村直人さんがすごい!!経歴や現在の活動を解説。

【美容師辞典】grico エザキヨシタカさんの魅力に迫る!

美容品の開発、販売

美容師さんの発明

美容師育成のスクールをつくる

美容師の育成に力を入れることも必要かと思います。

 

死ぬまで現場に立ち続けるのか?

 

おわりに

髪を切ることは素晴らしい仕事です。

ただ稼ぎにくい仕事です。

ABOUT ME
てんちょー
てんちょー@アフリエイト美容師!美容室で29才で店長に就任→会社のために頑張るも限界を感じる→今後の美容師人生に不安を感じ副業アフリエイトを始める!本業と副業で月収50万達成したノウハウをこれからの美容師や美容師アシスタントにむけて配信中!
【初心者向け】副業を始めるならPC選び!楽天の中古PCが格安!

ネット環境なら楽天がお得!


 

【学生限定】楽天学割を使わない手はない!