美容師と本

この先美容師が生き残るには【単価アップ】が必要不可欠!!

この記事は、美容師がこの先生き残るための【単価アップ】の方法を解説しています。

結論から言うと、東京オリンピックまでに単価アップできない美容師や美容室は生き残りにくいと言えます。

僕自身、美容師歴15年で美容室の店長をしていますが【単価アップ】は単純なものではありません。分かりやすく解説していきます♪

こんな人におすすめ
  • 売上を上げたい人
  • 売上が低い人
  • 単価アップしたい人
  • 単価が低い人

人口は減っている

人口は年々減っています。10年前に比べると明らか

美容室は増えている

美容室は、増え続けています。

現在、日本に24万件と言われ信号機やコンビニよりも多いことで有名です。

美容室における売上の方程式

美容室の売上の方程式はこちら!

覚えておきましょう!

売上=客数×単価

客数=新規客+固定客

コストとは

覚えておくと便利!

変動費+固定費

美容室はどのくらい潰れているのか?

美容室が潰れる理由

美容室が潰れる原因として、跡継ぎがいないこともあります。

まとめ

いかがでしたか?

最後に今回の振り返りをしていきます♪

簡単に振り返ろう!
  1. 人口は減ってきている
  2. 美容室は24万件もある事実
  3. 美容師は減少傾向
  4. 美容室が潰れる原因の一つとして跡継ぎがいない

 

 

ABOUT ME
楽天パパ@【フリーランス美容師】
美容師歴15年⇨店長の肩書を捨てフリーランス美容師になる。 美容師だけの収入では人生は逃げ切れないと判断し、アフリエイトと資産運用をガチる。⇨現在は、子供3人と奥さんの5人で自由な時間を過ごしながら人生逃げ切り中!毎日10時にブログ更新中!
ブログ村の応援よろしくお願いします!

いつもブログを【フリーランス美容師クエスト】をご覧頂きありがとうございます♪

こちらでも【フリーランス美容師クエスト】を公開しています!ぜひとも応援お願いします\(^o^)/

RELATED POST