美容師と本

【なぜか空回りしてる店長に伝える】美容師店長の一日のルーティーン

「一生懸命やっているのに成果がでない」

「認めてもらえない」

「嫌われている」

 

こんな店長さんはよく見かけます。以前の僕もそうでした。

結論からいうと、店長は孤独に感じるのは自分の行動次第ですぐにスタッフから愛される店長になれます。

この記事の想定読者

うだつの上がらない店長

認められない店長

スタッフから嫌われている店長

 

成果の上がる人と上がらない人の違い

成果の上る人と上がらない人の違いは「思考」です。

いかに考える時間をもっているか?が今後大きな差が生まれます。

毎日スタッフのことを考える時間をもつことです。

愛される店長と認められない店長の違い

愛される店長について考える前にどんな店長だったらついていきたいか?

を考えるといいかも知れません。

例えば、認めてくれる、的確なアドバイスをくれる、自分のことを信頼してくれる、任せてくれるなんて上司にはついていきたいですよね。

 

反対に、認めてくれない、アドバイスが自分の価値観でしか話してない、話を聞いていない

なんて店長にはついていきたくないですよね。

店長の最優先にやるべきことは「聞くこと」と「判断」

店長のやるべきことをまとめました。

  1. 話を聞くこと
  2. 判断すること

意外かもしれませんがシンプルにコレだけです。

管理するとか指示をだすとか思いがちですがそれは店長でなくてもできます。

大切なのは、部下やスタッフの魅力を引き出すことです。

 

美容師店長の一日のルーティーン

5:00 起床

5:30 スケジュール確認

8:00 早めにサロンに出勤 スタッフの数字をチェック

9:00 サロンワーク

 

13:00~15:00 内勤の時間

カフェでスタッフの面談やスタッフの魅力を引き出す企画を考えたり、管理業務をこなす。

 

19:00 サロンワーク終了

 

まっすぐ帰宅し、家族や子供と過ごす

 

家で仕事することはしません。

スタッフから怖がられたきつい店長時代

過去の自分は、何をしても空回りしていました。

「やってやってるのに誰も言うことを聞かない」

「自分ひとりで全部抱え込んでいました」

 

ある時からスタッフ頼るようになりました。

任せるようになると余裕やゆとりが生まれスタッフに感謝が生まれました。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、【なぜか空回りしてる店長に伝える】美容師店長の一日のルーティーンについて紹介しました。

振り返りをしていきます♪

  1. 成果の上がらない人は考えていない
  2. 愛されない店長は自分のことしか考えてない
  3. 店長のすることは「話を聞くこと」「判断すること」
  4. 店長こそ仕事をやりすぎない
  5. スタッフには頼ると感謝が生まれる
ABOUT ME
楽天パパ@【フリーランス美容師】
美容師歴15年⇨店長の肩書を捨てフリーランス美容師になる。 美容師だけの収入では人生は逃げ切れないと判断し、アフリエイトと資産運用をガチる。⇨現在は、子供3人と奥さんの5人で自由な時間を過ごしながら人生逃げ切り中!毎日10時にブログ更新中!
ブログ村の応援よろしくお願いします!

いつもブログを【フリーランス美容師クエスト】をご覧頂きありがとうございます♪

こちらでも【フリーランス美容師クエスト】を公開しています!ぜひとも応援お願いします\(^o^)/

RELATED POST