【本のススメ】

【記憶に残るノート術】読書の効果が30倍になる方法【超具体的】

読書しても記憶に残らない・・・。ノートにまとめた方がいいような気がするけど。ノートの正しい使い方や記憶に残る裏技があれば知りたいなぁ。

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事を書いている僕は、5年で2,000冊を読書し、本で学んだ知識をブログで伝えています。

ノートの正しい書き方は習わないので自己流みたいな人も多いハズ。僕も以前はそうでした。

[jin-fusen1-down text="残念なお知らせ"]

本を読んでも記憶に残らなければ時間の無駄です。

なのでまずは、記憶に残るノート術を知ることから始めることをオススメします。

[jin-fusen1-down text="記憶に残るノート術は一生もののスキルです"]

僕がノート術の本に出会ったのは読書をはじめて2年位たったときのことです。もしもっと早くノート術の大切さに気づくことができたら読書の質はもっと上がっていたかもしれません。

途中で気づけたから想定の範囲内といった所です。この記事の内容を使って最高のノート術で読書に使ってくださいね。

読書の効果が30倍になる「記憶に残るノート術」

DariuszSankowski / Pixabay

 

結論は「マインドマップ」を身につければOKです。

 

このスキルで「記憶に残るノート術」ができます。

なお「マインドマップ」についてはトニー・ブザン氏の本が有名です。

正直見なくても理解しやすい内容なので本記事だけでOKです。もう少し詳しく知りたい方は読んで見るのもいいと思います。

マインドマップを学ぶ方法

参考書もありますが、書きながら覚えるのが最大の学びです。

created by Rinker
¥1,980 (2020/09/28 17:41:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,420 (2020/09/28 17:41:55時点 Amazon調べ-詳細)

もし参考書を探しているなら上記の本でOKです。

読む順番はなんでもOKです。気になるものから読んで下さい。

[jin-fusen1-down text="注意点:自己流でOKです"]

僕も含めてですが、自己流ではじめてから本を読みました。

ぶっちゃけ最初書きなれない最初がシンドいですが、ここは我慢して訓練していきましょう。

なお手を動かすと分かりますが、型を覚えればドンドン早くなって脳の回転がよくなっていきます。

お金があるならスクールに通うのもOK

僕は全て独学でしたが、最近だとスクールなんかもあるようです。

個人的にはオンライン完結で学べるudemyがオススメでして世界最大級のオンライン学習サイトなので本記事以外の学習にも役立つはずです。

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

学習期間の目安:毎日書く習慣をつけましょう。

学習期間は毎日やれば20日で慣れるかなと。

  • 学習期間:20日間
  • 学習時間:毎日15分×20日
  • 20日間の学習合計時間:5時間

多分ですが、5時間程度時間を投下すると慣れると思います。

最低限の基礎はOKです。

間違ったノート術【これでは記憶に残りません】

一応間違ったノート術も理解しておきましょう。

  • すべてノートに写す
  • 写真で記録したと勘違い
  • 色が多い

すべてのノートに写す

学生時代にノートを黒板に写すのに一生懸命で授業が頭に入らなかった経験がある人もいるはずです。

きれいに写せても内容を理解しても意味がないんですよね。

ポイントを絞ってないと理解しにくいんですよね。

写真で記録:記憶に残りません

スマホなどのカメラ機能がついてから記憶力は低下しているようです。

なぜなら写真をとったら脳が「覚えた」と勘違いしてしまうからです。

意外と写真でとるけど後で見返さないことがほとんどです。

覚えてなければ意味がないですよね。

色が多い:2色~3色でいいです

ノートの色はルールを決めておかないと見にくいですよね。

仕事した気分になるのでやりがちです。

よくある質問:デジタルとアナログはどちらがいいですか?

結論はアナログですが、用途によります。

基本的にですが、ノートも本も手書きのほうが記憶の定着はいいと言われています。ただデジタルは持ち運びにも便利ですよね・・・

実際に僕は、両方使って状況により使い分けています。

 

30倍の効果をもつノート術は「人生の光」を用意してくれます

ノートを使って読書の価値を上げていくと「人生の光」が見えてきます。

僕も人生の挫折から光が見えました。

マインドマップを続けると徐々に人生が楽になる。

マインドマップの特徴は、1.テーマに対するポイントの抽出、2.ゴールからの逆算が容易になります。

  1. テーマに対するポイントの抽出
  2. ゴールからの逆算

例えば、「ダイエット」をする場合に、ダイエットに必要な事を3つリストアップします。さらに3つのリストから枝分かれして3つリストを書きます。

下記の図を参照

マインドマップ ダイエットやるべき事と戦略が明確になるので生き方も楽になりますよね。

考えるよりも先に、手を動かすべき

深く考えるよりも、まずは動きましょう。

向き不向きなんでやらないと分からないし、効率的な方法は"実際にやった後"から考えればOKです。

「マインドマップが向いてないかも・・・」とか「やっても意味なかったらどうしよう・・・」とか思ってたら動けませんので。

マインドマップノートは難しくない

僕のまわりでも「マインドマップ」を活用している人はたくさんいます。

ぶっちゃけ慣れです。

大切なのは「やるか、やるないか」です。

人生1回くらい失敗しても死なないので、諦めずにバカのように行動したらそれだけでOKです。

まとめ:マインドマップノートで読書を知識を変えよう

 

-【本のススメ】

© 2020 ワーパパ部 Powered by AFFINGER5