美容師

美容師の腰の負担を軽減するシザーケースまとめ!

美容師の身体的負担を軽減 最軽量95gの シザーケースが発売から1ヶ月で販売数1,000個突破!

この記事は、美容師が使うシザー(ハサミ)をしまうシザーケースのまとめです。

シザーケースは、美容師の仕事道具でもあり、ファッションでもあります。

こだわりのある人も多いはず。

今回は「男性美容師が使いたいシザーケースまとめ」です。

結論から言うと、シザーケースは

シザーケースは3種類

腰につけるタイプ

男性美容師がよくしています。
僕もこのタイプです。

位置は人それぞれですが、横にする人が多いです。

シザーが取りやすいので使いやすい。

肩にかけるタイプ

女性やオシャレな男性に多いかもしれません。
憧れてやってみたことはありますが首が凝ります。

結構しんどい

ワゴンに置くタイプ

ベテラン美容師って感じです。
シザーケースが腰に負担がかかると分かっている美容師のはずです。

年齢を重ねるとシザーケースは腰痛のもとです。

シザーケースの材料は3つ

ナイロン

革にも種類がたくさんあります。
お薦めは「ヌメ革」
使い込むと経年変化していきます。

プラスチック

ケースではなくシザーをワゴンにおくタイプです。

 

機能性重視のシザーケース

ファッション性重視のシザーケース

男らしさ重視のシザーケース

シザーケース 革 4丁 「 Latte(ラテ) ライトグレージュ 」 美容師 理容師 トリマー フローリスト 本革 持ち運び レディース メンズ 男女兼用 おしゃれ かわいい

オーダーメイドのシザーケースも

オーダーメイドのシザーケースを作れるサイトを見つけました。メルカリでも見つけることができます。

シザーケースに入れているものは?

  • シザー3丁
  • コーム2本
  • 顔の毛を払うブラシ
  • ダッカール3本

他にもレザーやブラシを入れている人もいますが重いです。

腰が痛くなる原因となります。

-美容師

© 2020 ワーパパ部 Powered by AFFINGER5