人間関係

教える技術で稼ぐ僕が「普段の仕事」で意識していること【手順も解説】

教える技術で稼ぐ僕が「普段の仕事」で意識していること【手順も解説】
指導力に悩む人
指導力に悩む人
新人にどう教えていいか分からない!教える技術が知りたい。上手く教えている人はどういった教え方をしているのかなぁ?その秘密が知りたい!

こういった疑問にお答えします。

ハヤティ
ハヤティ
教えるのって難しいですよね。

この記事を書いている僕は美容師歴15年社員80名程度の店長をしています。

社内研修など教える技術で稼いでいるので少しでも参考になれば幸いです。

結論から言うと正しく教える技術があれば行動が変わります。

行動が変われば、成果が変わり、その成果が自信につながります。

今回は教える技術で稼ぐ僕が「普段の仕事」で意識していること【手順も解説】について話ます。3分程度で読めるので最ん後まで読んで見て下さい。

参考図書
created by Rinker
¥1,430
(2020/04/04 13:23:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

人に教える時に覚えておくべき事

教える立場の方は、後輩がいるかまたは新人がこれから入ってくる人ですよね。

はじめて教えることを任されると気持ちだけが空回りして上手く伝えられなかったしますよね。

その前に教える時に覚えておくことを整理しておきましょう。

大切なのは”正しく導く”方向性を示すこと

教える技術に必要なことは正しく導くことです。そのためには3つの前提を知って置く必要があります。

  1. いつ、どこで、誰がやっても同じ結果になるもの
  2. サポートできるもの
  3. 目を向けるのは心ではなく行動

上記を深堀りします。

いつ、どこで、誰がやっても同じ結果になるもの

教える技術は、誰がやっても同じ結果になるレベルとします。つまり出来るようになる行動の仕組みがあります。

例えば、美容室の場合Aくんのシャンプーは気持ちがいいけど、Bくんのシャンプーは気持ちよくないという結果があったとします。

ここでBくんにやる気がないからと判断してしまうと指導者としては失格です。

Bくんに何が足りないものは何か?を明確にして導いてあげることで全員が気持ちよくシャンプーが出来るようになります。

 

 

サポートできるもの

とはいえ教える側が何もしなくていいわけではありません。

サポートし、困っていることやできないことと出来ることを整理して上げる必要があります。

目を向けるのは心ではなく行動

行動は嘘つかないですよね。「頑張ります!」と返事はいいのにできない子もたくさんいますが本人は理解できていないことがほとんどです。

 

僕たちができるサポートは行動の管理です。

教える技術で稼ぐ僕が普段の生活で意識していること

仕組み化は当たり前

全員がやっても同じ結果になるように、シートで仕組み化と漏れがないようにチェックリストも作成することです。

教えているのに上手く行かない原因は指導者の指示が曖昧orやるべきことが分からないことがほとんどです。

つまり、教えることは相手の課題に対して具体的にして迷わせないことです。

 

本などは常に最新の情報に触れること【当たり前】

教える技術については、たくさんの本が出ています。最低10冊は読むことをオススメします。

知識を積み上げることで教える技術も上達します。

読書(インプット):行動(アウトプット)=3:7

ここで僕が実際に読んだ本の中で厳選した教える技術の本をピックアップしておきます。上から順に読むことをおすすめします。

慣れてきたら後半の本も読んでみてください。KindleUnlimitedで読み放題になっている本も入っているのですぐに読んでほしいです。

 

教える技術のオススメ本
created by Rinker
KADOKAWA
¥1,540
(2020/04/04 13:23:57時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,188
(2020/04/04 13:23:58時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,287
(2020/04/04 13:23:59時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥446
(2020/04/04 13:24:02時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,760
(2020/04/05 11:58:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

常に日々練習する

本を読んだら行動していきましょう。おすすめは面談です。

最初は週に10分くらいの立ち話でいいので、伝えたことが理解できているかを確認しましょう。

出来ていることを褒める(承認)することも大切です。指示ばかりでは相手には伝わりませんよね。

 

教える技術の3つの手順

教える技術の3つの手順は以下です。

  1. 教える(行動で教える)
  2. 出来る所と出来ない所を整理してあげる
  3. 面談で現状の確認とサポートする

簡単にですがこのステップで教える技術はかなり上がると思っています。

繰り返しになりますが、ほとんどの教えるのが苦手な人ほど指示が曖昧です。

相手が迷い、出来ていることも出来ていないことも分からないからやらなくなるんですよね。

やる気がないのでは、やり方が分からないんですよね。

まとめ:教える技術があれば誰でも成果がでます

 

というわけで今回は、教える技術で稼ぐ僕が「普段の仕事」で意識していること【手順も解説】について解説しました。

最後にポイントをまとめておきます。

教える技術のまとめ
  • 正しく教える技術があれば行動が変わる
  • いつでも、どこでも、誰でもできるように伝える
  • 目を向けるのは心ではなく、行動
  • サポートはこまめに行う
  • 理解しているとできるは違う
  • 出来ている事と出来ていないことを整理する
  • チェックリストを作る

 

まずは行動することです。今日からサクッと行動して改善していきましょう。

created by Rinker
¥1,430
(2020/04/04 13:23:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Kindleで本をいつでもどこでも持ち歩こう!

KindleUnlimitedなら本が読み放題:今なら無料です

1冊本を買うよりもKindleUnlimitedで200万冊以上の好きな本や雑誌を読み放題にしませんか?今なら無料で1ヶ月体験できます。

さらに今だけ2ヶ月読み放題でで199円プランでかなりお得です。